社団法人 日本医業経営コンサルタント協会 福岡県支部

協会について 福岡県支部

ご挨拶

みなさんこんにちは。公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会長崎県支部です。
社団法人日本医業経営コンサルタント協会長崎県支部は、平成2年11月1日厚生大臣より社団法人として設立認可されて以来、約2800名の会員を擁する組織となりましたが、昨年12月、総務省公益認定等委員会から公益社団法人の認定を受け、平成24年4月1日に設立登記を行い、公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会に改組されました。当支部は51名が所属しております。
公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会は、国民の生命と健康の維持・増進を図る病医院への経営支援を通じて病医院の経営健全化を図りつつ地域医療に貢献することを主たる目的としております。また、病医院の経営支援活動を通して病医院に関連する業際(福祉・介護事業者や医薬品業界などの医療関連事業、建設事業者など)と連携して総合的経営助言をしていくことが、当協会とそれを構成する当協会員である医業経営コンサルタントの任務だと思います。
また、長崎は歴史的にも西洋医学の発祥地でもあり、公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会会員としてこの歴史を引き継ぎ、地域医業経営のサポート役としてその責務を果たしたいと考えています。
よい医療はよい経営から、さらによい経営をしていくためには経営の三要素と言われる人・物・金を充分に融合し活用していくとともに、経営成果の測定をするための会計がしっかり構築されていなければなりません。
今後みなさまの支部への参画・参加を心よりお待ち申し上げております。

長崎県支部長 石井計行